葛飾区の建築家とつくる高性能な注文住宅オネストアーク
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

建築家と作る注文住宅 R+house

建築家一覧
“デザイン性”と“機能性”を高水準で両立する理想の住宅。そんないつか住んでみたいと思うような住宅を、手の届く価格で提供するのがR+houseです。

R+houseの魅力

R+houseでは、単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、快適性・省エネ性・耐久性を追求し、コストの無駄を省いた普遍的なデザインの「建築家住宅」を提供しています。

建築家に設計を依頼することは予算が多くある人がすること、ハードルの高いことと感じている人も多いかもしれません。しかし建築家の役割はむしろ、「予算が多くない」「土地が狭い」といった条件に対してアイデアを生むことなのです。

周辺環境や風の通り方など土地の状況も詳しく調査したうえでプランニングを行うので、無駄が省かれコストの削減にもつながるのです。

高気密・高断熱・高耐震

高気密の指標「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測定する数値で表されます。C値とは床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない‟高気密な家”となります。従来の日本の目標はC値5.0(㎠/㎡)でしたが、オネストアークでは標準仕様でC値0.4(㎠/㎡)以下としております。オネストアークではこのC値を測るための気密測定を必ず全棟実施しています。
C値図
気密測定写真

高断熱の指標「UA値」

UA値は、建物の断熱性能を表す指標の1つです。UA値は、建物の外皮(壁、屋根、床、窓など)の熱損失を示し、単位時間あたりに建物が失う熱の量を表します。建物の断熱性能を向上させるためには、UA値を低くすることが重要です。低いUA値を持つ建物は、冷暖房効率が高く、エネルギー効率が高いと言えます。またUA値は建築基準法や省エネ基準などの建築規制や評価方法にも使用され、エネルギー効率の向上を促すために重要な指標となっています。このUA値は「省エネ基準地域区分」にあわせて各地域ごとに指標が設けられています。

東京都葛飾区の省エネ基準地域区分は6地域

省エネ基準地域区分とは、日本における建築物の省エネルギー基準を適用する地域を分類するための制度です。日本は気候や地域の特性によって異なる気候区分に分けられており、それぞれの気候区分に基づいて省エネ基準地域区分が設定されています。オネストアークが家づくりを行っている葛飾区は6地域に区分されます。
UA値表

オネストアークはHEAT20 G2グレードが標準仕様

オネストアークではUA値0.4以下を標準仕様としております。この数値は国の基準や長期優良住宅の要件を大きく上回る、全国トップレベルの断熱性能であるHEAT20 G2にも相当するものになります。優れた断熱性能により、暖房や冷房の費用を抑えることができるだけでなく、一年中快適に過ごすことができます。
UA値表2

耐震性・耐久性に優れた工法

R+houseでは、すべての家において「構造専門の建築士」が耐震性をチェックしています。また、R+houseでは認定ビルダーのみが取り扱うことができる特別な構造耐力面材である「R+パネル」を採用することで、地震に強く丈夫な家を実現しています。この組み合わせにより、R+houseの家は高い耐震性能を備えており、地震に対して安全かつ信頼性のある住宅を提供しています。

最高クラスの耐震等級3が標準仕様

建物の地震に対する強さを表す指標として、耐震等級というものがあり、3段階の等級が設けられています。その中でも最高等級の3をオネストアークでは標準仕様としてご提供しています。

おしゃれで機能性の高い建築家デザイン

施工事例写真
R+houseでは優れた建築家による設計が大きな特徴です。マイホームを建てていただく際には、まずお客様のライフスタイルや希望を詳しくヒアリングさせていただきます。ヒアリングと聞くと、具体的な部屋の数やリビングの広さなど、そんな質問を思い浮かべるかもしれませんが、建築家との打ち合わせはそうではありません。建築家はお客様にとって本当に大切な要素を明確にするためのヒアリングを行うのです。単に部屋の数や間取りを決めるだけではなく、お客様が望むライフスタイルや価値観、趣味、心地よさなどを追求して設計を行います。建築家は、お客様の理想に近づく家を創り出し、長く愛着の持てる空間を提供することを目指しています。

#東京都葛飾区
#2階建て
#木造
#3階建て
#建築家
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#R+house
#おしゃれ
#個性的な家
#家事動線
#回遊動線
#高気密
#高耐震
#高断熱
#高耐久
#長期優良
#ZEH
#HEAT20 G2
#BELS
#24時間換気
#基礎断熱
#床断熱

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

断熱Y邸ハイアス

高断熱性能

葛飾区のみならず東京や千葉県でも夏は40度近くまで暑くなることが多くなった近年において、気になってくるのは光熱費の高騰です。理想の注文住宅を建てたものの、家の中の適温を保つことができず、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解決するのが、高断熱・高気密住宅です。
理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になります。
オネストアークがご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
事例内観リビング

建築家との家づくり

オネストアークは東京都葛飾区を中心としたエリアで、建築家とつくる注文住宅「R+house」という商品を軸に、性能・デザイン・素材すべてにこだわった家づくりをしている工務店です。
モデル

ワンストップ施工

注文住宅はお引渡しがゴールではありません。快適な空間を守り続けるためにもアフターメンテナンスは欠かせません。弊社はお打ち合わせから施工、アフターメンテナンスまで一貫して対応しております。
最初から最後まで責任もって対応する‟ワンストップ施工”です。
洞窟

地域密着の工務店

2023年1月に弊社のショールームをリニューアルいたしました。弊社ではお客様が初めて来社された際、会議室ではなく開放的なショールームでお話をしております。オネストアークの雰囲気を感じていただき、子供達にはもう一度遊びに来たくなるような、そんな空間をご用意し、お客様に楽しんでいただくことを第一に考えております。
構造模型

耐震等級3の高耐震住宅

地震大国・日本において、住宅を建てる際にまず考えるべきが安全性です。
首都直下型地震も懸念されている昨今において、安全性が保たれていない住宅に住むわけにはいきません。
いつ地震や災害に見舞われても安心できるように、オネストアークが提供する住宅はすべて構造計算を実施し、耐震等級3を確保しております。
事例内観リビング

高気密な家

快適な住まいを実現するためには、断熱性と共に気密性にも気を配るべきです。どれだけ断熱性能が高くても、気密性能が悪ければ、断熱性能の効果が無くなってしまいます。高気密住宅のメリットとオネストアークの住宅の気密性能について紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例を紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

オネストアーク株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.24

【葛飾区】エリア別土地特徴・坪単価をご紹介!

オネストアーク株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.29

【部材知識】代表的な外壁を知ってみよう

オネストアーク株式会社の家づくり写真
お金
2024.03.04

【初めての住宅ローン】返済方法の種類と選び方

オネストアーク株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.13

築30年で建て替えが必要?葛飾区の住宅から見る短命な木造住宅事情

オネストアーク株式会社の家づくり写真

お問合せ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

オネストアーク株式会社
住所
東京都葛飾区青戸4-13-9 オネストビル
営業時間
09:00~18:00